イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

ブラジルのセラード開発と環境・主権問題

2013/05/28 5:00 pm - 6:30 pm

無料

ブラジルのセラード開発と環境・主権問題
―大規模農業開発と小農民・農業労働者の暮らし―

ブラジルのNGO、社会運動の中でブラジルにおける大豆モノカルチャーの問題、日本のODAプロジェクトでもあるセラード開発問題を追っているセルジオ・シュレジンガー氏がモザンビークでの日本・ブラジル・モザンビーク3角政府開発援助プロジェクトProSAVANA問題で来日される機会にセラード開発をめぐる問題で上智大学で講演していただくことになった。

世界社会フォーラムでの講演など、ブラジルでの社会運動の中で大豆モノカルチャーの問題を問う調査活動もされている第一人者で、その人の話が日本で聞けるという機会は貴重だ。

この講演会に参加者の一人として参加する予定。

以下、イベロアメリカ研究所/グローバル・コンサーン研究所の開催案内


http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/event

Dr. Sergio Schlesinger
セルジオ・シュレジンガー氏
(ブラジルNGO・FASE アドバイザー)

ブラジル中央部の広大なサバンナ地域であるセラード(Cerrado)は、1970年末より大豆を中心とする大規模農業開発が行なわれてきた場所です。大豆の主要輸入国である日本は「日伯セラード農業開発計画(PRODECER)」を通じて、この開発に協力してきました。そしてセラード開発は「不毛の大地を穀倉地に変えた奇跡」として 農業開発の成功事例と評価されてきました。

しかし、ブラジル市民社会や学術界では、環境破壊、土地や資源の分配、食料主権、労働といった観点から、批判的な声も少なくありません。

本講演では、ブラジルのNGO FASE(Federação de Órgãos para Assistência Social e Educacional ブラジル6ヵ所に拠点を持つ教育や社会活動支援のための連合組織)で長期に渡りセラード開発のもたらす環境問題に関して調査を続けてこられたエコノミスト・環境活動家のセルジオ・シュレジンガーさんに、小農民・農業労働者をはじめとする地域住民の暮らしへの社会的影響というこれまでとは別の視点に基づくお話を伺います。皆様万障お繰り合わせの上ご来場ください。

  • 日 時: 2013年5月28日(火)午後5時00分~6時30分
  • 場 所: 上智大学中央図書館8階821会議室
  • 使用言語: 英語(日本語逐次通訳あり)
  • 参加費:無料/予約不要
  • 主催:イベロアメリカ研究所/グローバル・コンサーン研究所

問い合わせ先:E-mail: ibero@sophia.ac.jp (イベロアメリカ研究所)

詳細

日付:
2013/05/28
時間:
5:00 pm - 6:30 pm
参加費:
無料

主催者

イベロアメリカ研究所/グローバル・コンサーン研究所

会場

上智大学中央図書館8階821会議室
紀尾井町7-1
千代田区, 東京都 102-8554
+ Google マップ