鳥インフルエンザが止まらない

 鳥インフルエンザが止まらない。本日46例目(1)。これは将来的なパンデミックにつながる可能性もある。今のところ、人から人への感染はないけれども変異すれば大変な被害が出るという指摘もある。だから今、抑え込まなければならない。
 この鳥インフルエンザ、世界的に流行しているのだけど、先進国の中では日本の飼育環境がもっともひどい。EUではバタリーケージと言われるケージ飼いは2012年に禁止、米国でも州によって禁止になっている(2)。バタリーケージが日本ではなんと90%超。EUではバタリーケージ以外のケージでの飼育もやめていく方向になっているというから日本の遅れが顕著。
 平飼いの卵はちょっと高い。だけど、健康も環境も破壊する安い卵を食べるのはやめて、食べるならバタリーケージ飼育ではない卵、できれば平飼いを。そして、政府にバタリーケージの廃止などの規制を求め、平飼いをしている畜産農家の支援、平飼いへの転換を希望する畜産農家を支援を求めていく必要がある。それが進めば平飼いの卵の値段も手頃になってくるだろう。早急に必要!

(1) 千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内46例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の 持ち回り開催について
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210208_4.html

(2) バタリーケージの卵を食べたくない 海外の状況
https://save-niwatori.jimdofree.com/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%AE%E7%8A%B6%E6%B3%81/

参考:
鳥インフルエンザに関する1月7日の投稿

鳥インフルエンザの脅威


1月1日の投稿

鳥インフルエンザ、もう1つのパンデミックの解決策

2月15日追記
千葉県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内50例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の 持ち回り開催について
https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/210215.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です