住友商事の子会社、スーパーCostcoが取引停止に

 スーパーのCostco、フルーツを手がけるFyffesとの取り引きの停止を発表!
 Fyffesは住友商事の完全子会社で、欧州、米国、カナダ、中南米などを中心にバナナ、パイナップル、メロン、マッシュルームを扱う青果企業。中米、特にホンジュラスでのFyffesによる農業労働者に対する人権侵害が続き、国際的に非難されてきた。今回のCostcoの対応はその非難を受けた措置。
 しかし、住友商事はその非難を無視するかのように、Fyffesを2017年2月、完全子会社化した。

 住友商事系のバナナ会社スミフルはフィリピンで労働者の権利侵害、さらには農薬の空中散布でも強く批判されている。あまりにあんまりな住友商事。いつまで世界の声を黙殺し続けるのだろうか?

Costco Ceases Orders Following Union-Busting on Fyffes’ Honduran Plantations

印鑰智哉のブログ:住友商事の子会社が人権侵害 2017年12月

住友商事:欧米州市場への進出による青果事業のグローバル展開 ―ファイフス―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です