ラウンドアップ/グリホサートの不売を!

 米国カリフォルニア州での裁判でモンサントはラウンドアップの危険性を告知しなかったことで有罪を言い渡された。今、世界はラウンドアップ、その有効成分であるグリホサートの禁止に向け、動いている。
 現時点での禁止・規制状況

  • スリランカ 大統領令で禁止(その後、攻防中。一部規制緩和)
  • エルサルバドル 議会が禁止決定(米国の圧力で実行されていない)
  • アラブ6カ国禁止
  • フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、3年以内の禁止
  • ベルギー 個人向け・家庭での使用禁止
  • バミューダ諸島 個人向け使用・販売禁止
  • ブラジル もうすぐグリホサートを含む農薬登録停止。使用禁止
  • カナダ 10地方のうち8地方がなんらかの規制を実行
  • デンマーク 規制機関作業部会が発ガン性を認め、発芽後の使用を禁止
  • マルタ 禁止の方針が出たが現在攻防中
  • ポルトガル 公的場所での使用禁止
  • オーストラリア 無数の都市と学校地域でグリホサートに代わる方法を実験中
  • アルゼンチンの400を超える都市がグリホサートを規制する方策を承認
  • バンクーバー 公的場所、家庭での使用禁止

すべて書き切れないので、詳しくは末尾リンクを参照。

 政府や地方自治体が禁止するだけでなく、店頭販売しないと決めた流通業者は海外にはいくつも存在する。個人向けには売られていないところが世界で増えている。

 ところが日本ではホームセンターには山積み、ホームセンターに行かなくとも商店街の薬局にも並べられているし、100円ショップでも売り放題。

 写真はダイソーで売っているグリホサート。モンサントの特許は2000年に切れていて、誰でも作ることができる。最大の生産国は中国。100円ショップで売られているのはそのジェネリック版。モンサントが遺伝子組み換えを始めたのはこうした安いグリホサートに市場を奪われることを避ける目的が大きいと言われる。つまりモンサントの種子を買うと、農薬を買う義務を負う契約をさせることで安いグリホサートを買わせない。種子企業を独占してしまえば、農家はモンサントから必ずラウンドアップを買わざるをえなくなる、というわけだ。

 グリホサートは撒く時に肺から吸収してしまう、あるいは飛散したものが肌などについて吸収されてしまうなどの危険がある。撒くとしても完全防備しなければならないものであるにも関わらず、「安全」と書かれたこうした商品を多くの人たちが無防備で撒いていることだろう。

 衣服についたグリホサートを家族の服といっしょに洗濯してしまえば、散布に関わっていない子どもや家族にも影響を与えてしまう。ガンにならなかったとしても、腸の調子がおかしくなったり、精子が破壊されたり、神経が影響されて、鬱になったり、さまざまな影響が考えられる。

 まずは不売を日本の流通業者に求めていくべきだろう。

Where is Glyphosate Banned?
グリホサートが禁止されている国・地域をまとめたもの(アップデートされている)

Homebase to review sale of Monsanto weedkiller after US cancer verdict
カリフォルニアの判決を受けて、英国の最大の流通業者がモンサントの農薬を販売するかどうかを見直すことをさっそく検討し始めるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です