国際女性デーを前にブラジルのMST、チリの先住民族が抗議行動

 3月8日は国際女性デー。
 ブラジルでは、MST(土地なし農村労働者運動)の女性たちはバイア州最南部の紙パルプ企業スザノ社前を占拠して、ユーカリ単一植林による環境破壊に抗議した。
No Extremo Sul da Bahia, mil mulheres Sem Terra ocupam a fábrica de celulose da Suzano
スザノ社前を占拠するMSTの女性たち
 ユーカリ単一植林は水資源を枯渇させ、さらに空中散布される農薬は7割が目標を外れ、住居、有機農園、川、動物たちを汚染し、植物が交配する上で重要な昆虫の命にも影響を与えている。そして単一植林は広大な地域を占拠するけれども職はほとんど生み出さない。残されるのは「緑の砂漠」とよばれる生物多様性がほとんどない、沈黙の森。そして、今、事態を悪化させると考えられる遺伝子組み換えユーカリの栽培が始まっている(その実態についてはまだよくつかめておらず)。
 MSTの女性たちは2015年の国際女性デーの前、許可されていない遺伝子組み換えユーカリ栽培を行っていた苗場を破壊している(サンパウロ州)。

MSTの女性たち、遺伝子組み換えユーカリを開発したイスラエル企業FuturaGene(現在はブラジルのパルプ会社Suzanoに買収)の遺伝子組み換え苗をおじゃんにしてくれました(サンパウロ州イタペチニンガ)。これは通常のユーカリよりも水…

印鑰 智哉さんの投稿 2015年3月5日(木)

 多様性の破壊、水、土地の収奪、遺伝資源の汚染、作られる紙パルプは外の地域へ。

 日本政府はODAを使って、別の地域になるが紙パルプ工場を建設し、広大なユーカリ植林を行っている。それも同様に大きな批判の対象となっていることを日本政府は知るべきだろう。

 チリでは先住民族マプチェの女性がTPPに反対して集会を持ち、主権に反し、警察による残虐な弾圧に抗議する声明を出している。

Chile: Pronunciamiento contra el TPP – Xawvn (reunión) de mujeres mapuche auto-convocadas

 3月8日にTPPを署名するというのは本当にあからさまな人びとの自己決定権、特に女性の決定権に対する侵略行為である。

 TPPに対しては国境越えた人びととの連帯を対置する他はないと思う。まずは海の向こうの状況とこちらの状況を結びつける作業からやっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です