日本政府、グリホサートの残留基準値を大幅緩和

 これを卑劣と呼ばなくして何と呼ぶことができるだろうか? 日本政府はグリホサートの残留許容量を大幅に緩和するために6月にパブリックコメントを行い、8月から実施を見込んでいたものと思われる。

 しかし、EUではグリホサートを禁止する動きが本格化し、さすがの日本政府もこのタイミングで大幅緩和はまずいと躊躇したのかもしれない。モンサントやバイエルの強引なロビー活動の結果と思われるきわめて異例な形(ドイツの代表がメルケル首相の意に背いてグリホサートの5年間使用期限延長に賛成した)で、EUでグリホサートが承認されたのを見計らうようにこっそりと日本政府はグリホサートの残留基準値を12月25日引き上げた。
 昨日、厚生労働省のサイトに以下の検疫所長宛への大臣官房生活衛生・食品安全審議官の通達が掲げられたが、これは報道発表資料にも掲載されていない。マスコミは報道しただろうか?
 言うまでもなく、モンサントの農薬グリホサートは広範囲に健康に被害を与えると考えられているものだ。発ガン性はもちろん、内分泌撹乱物質として生殖機能に影響を与える可能性が濃厚であり、腸内細菌を損ない、アレルギーなど自己免疫疾患の原因となったり、神経毒として自閉症や認知症を誘発する可能性が指摘されており、今、世界的に禁止に向けて動きが活発化している。
 EUで5年間の使用延長に賛成したドイツではその後、国内ではグリホサートの禁止に向けて具体的に動きだしている。
 こんな情勢の中、日本では最大400倍、グリホサートの使用規制が緩和される。遺伝子組み換え大豆以上に小麦から日本の住民はグリホサートを大量摂取する時代が幕開けしてしまった。
 反対意見が表明されても無視され、マスコミも報道しない中、モンサントなどの極少数の企業だけを利する政治がこうやってこっそり進められている。こんなこといつまで許されるのだろうか?
 しかし、怒っていても事態は変わらない。政治を変えることはもちろん、避けて通るわけにはいかないが、変わるまで無防備でいるわけにはいかない。
 小麦はパン、麺類、加工食品に広く使われている。安全な小麦をどう得られるか、あるいは危険な小麦に依存しない食生活の選択など、グリホサートの大量摂取をしないように知恵と努力を結集しよう!(もちろん、小麦だけでなく、多数の食品にグリホサート残留が増えることに留意)

厚生労働省の12月25日付けの通達
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/1225-2.pdf

小麦が危なくなる (Facebook記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です