新たな遺伝子組み換えの脅威

遺伝子組み換え作物の環境や健康への影響に世界が気がつき始めた。しかし、事態はより深刻化しようとしている。より危険な遺伝子組み換え作物が登場しようとしているからだ。その背景はモンサントの2大GM技術(農薬[ラウンドアップ]耐性とBt=殺虫性)の破綻である。

毒性の指摘が相次ぐ農薬ラウンドアップに耐性のある雑草が広がりだし、その結果、ラウンドアップの使用量、残留農薬は年々増えている。Btも効かなくなり、使われる殺虫剤の種類や量が増えている。

さらにラウンドアップ以外の農薬にも耐える新たな遺伝子組み換えの登場。ダウの枯れ葉剤耐性、モンサントのジカンバ耐性などだ。ベトナム戦争で使われた毒素を大量に撒くことに対して米国内では大きな反対が起きていて、承認されていない。ブラジルでも遺伝子組み換え作物の承認プロセスそのものを見直そうという動きやさらには遺伝子組み換え作物を禁止しようという動きまで出てくる。

これまでよりも危険と見られる遺伝子組み換えは枯れ葉剤耐性やジカンバ耐性だけではない。Roundup Ready 2 Intacta Pro(RR2と略称)と、もっともらしい名前のつくモンサントの遺伝子組み換え大豆は、従来のラウンドアップ耐性に加えてBt、つまり殺虫性の機能を持つがなんのことはない破綻した2つの技術を合わせただけ。ラウンドアップ耐性の特許切れをしのいでモンサントの利益のためだけに作られたものだろう。しかし、この大豆はラウンドアップ耐性による有害さと殺虫性による有害さを併せ持つことになる。

米国でもブラジルでもその承認をめぐり長い期間、大騒ぎになっているのに、日本のマスコミは動いていない。米国ですら承認されていない、こうした危険なものが日本ではすでに続々と承認されていることを多くの日本列島の住民は知らない。すでに枯れ葉剤耐性もジカンバ耐性もRR2もすべて日本政府は承認済みである。このままの状況で南米などで耕作が始まってしまえば、知らぬ間に、知る術ものないままに日本人はこうした毒にまみれた大豆を食べることになる(RR2は来年早々日本に来ることはまず確実、枯れ葉剤やジカンバは耕作地域での反対で止まる可能性はまだあるが)。スーパーにはやがてその大豆を使って作られた肉が並ぶことだろう。枯れ葉剤耐性大豆を使っているかいないか消費者がスーパーで知るすべはない。

マスコミだけではない。市民メディアでこの問題を取り上げているところは多くない(『食べもの通信』とAPLAの『ハリーナ』に短い記事を書いた)。今からでも遅くはない。この問題を少しでも知らせなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です