Wake-Up Callとしての新型コロナウイルス

 世界が新型コロナウイルスを緊急の「Wake-up Call」だと呼んでいる。目を覚まして、われわれのあり方そのものを変えなければ大変なことになると言っているのだ。ただ単にこのウイルスだけの問題ではない。われわれの社会のあり方全体に関わりあることである。 “Wake-Up Callとしての新型コロナウイルス” の続きを読む

ブラジルで緊急ベーシックインカム。転機を迎える世界

 少し前にブラジルのボルソナロ大統領が演説。
 これまで貧困層への支援や公共医療への削減ばかりを狙っていた大統領。ウイルス感染に対する閉鎖・外出規制を指示する州知事を非難して、ブラジル市民をさらに危険に曝してきた大統領。市民は毎日のように彼に対して抗議活動を繰り返してきた。それが突然、ころっと変わって、「私は就任以来、ずっと人びとの支援のためにやってきた」とばかりに、感染対策医療を充実させ、ボルサ・ファミリア(貧困層の家族支援計画)や今回の緊急ベーシックインカム(*)などを行うと堂々と演説。 “ブラジルで緊急ベーシックインカム。転機を迎える世界” の続きを読む

新型コロナウイルス重症化のメカニズムと危機に曝される南の人びとの命

 新型コロナウイルスがなぜ怖いか、素人なりに理解につとめるわけだが、こんなところだろうか?

 ウイルス侵入に感染された細胞はSOS信号、サイトカインを出す。サイトカインによって免疫細胞が活性化して、感染部に集まり、ウイルスを攻撃する。ここで多くの場合は感染が収まり、軽症で回復できる。でも、ここで収まらずに免疫の制御が失われてしまうと、サイトカインが出され続ける免疫システムの暴走状態、無限ループが発生することがある。いわゆるサイトカイン・ストーム。 “新型コロナウイルス重症化のメカニズムと危機に曝される南の人びとの命” の続きを読む

新型コロナウイルスによる危機 vs グリーン・ニューディール

 新型コロナウイルスは南の国々にも蔓延し始めている。ワクチンも治療法も確立していない今回のウイルス、肺炎が深刻化して命を落とすケースが世界各国で報告されているが、ドイツなど人工呼吸器の設備が整っているところでは致死率がとても低い。一方、南の国の貧しい地方ではそうした機器がほとんど得られず、そうした地域で蔓延すればとんでもない数の犠牲者が出てしまう可能性がある。 “新型コロナウイルスによる危機 vs グリーン・ニューディール” の続きを読む

新型コロナウイルスが照らし出す日本の公共政策の貧困と差別

 ウイルスには国籍も人種も性別も思想もない。等しくわたしたち一人一人を守れなければ、ウイルスは守られていない人びとを襲うだろう。そしてそこが新たな感染源となっていく。「一人も取り残さない」社会を作るというのは単に差別がない、倫理的に正しい社会というだけではなく、ウイルス感染の危険からも一番よく守られる社会でもある。 “新型コロナウイルスが照らし出す日本の公共政策の貧困と差別” の続きを読む