大きなシナリオを変えるためのハンドブック

 生きられる時間はあとわずかしかない、と宣告される。どうしよう? そんなはずはないから、疑い、別の判断を求めようか? それともその宣告を覆す方法を徹底的に探し、抵抗する? それとも残された時間を悔いのないように生きることに集中する? “大きなシナリオを変えるためのハンドブック” の続きを読む

アマゾン破壊の資金提供を止めたノルウェーとドイツ、日本とは正反対

またアマゾン森林火災のことを書く。またかと思われるかもしれないけれども、この問題は私たちの食や日本における民主主義の問題に深く関わっている。食や農、遺伝子組み換えの問題も、種子の問題も、アマゾンの問題も大きな1つの問題を成す要素であり、別の問題ではない。アマゾン森林火災は日本でも報道されるようになっているが、日本政府の対応がいかに他の政府と違っているのか、残念ながら報道されていないので少し詳しく書きたい。 “アマゾン破壊の資金提供を止めたノルウェーとドイツ、日本とは正反対” の続きを読む

アマゾン破壊と日本(その11)誰がアマゾンを燃やしているのか?

誰がアマゾンを燃やしているのか?

 日本での受け止めの中で驚くのがこのアマゾンの森林火災をあたかもブラジル人の農家が焼き畑でやっていたものが拡がってしまったかのような情報が受け入れられていること。貧しい人たちが主犯のように思っているのだろうか?
 この大規模な森林火災の背景に指摘されているのはそのような農家ではなく、放牧地や農地、鉱山開発を狙う多国籍企業である、というのは多くが一致した見解であり、だからこそ、そのような企業のボイコットがよびかけられようとしている。でも、日本では違う方向に行ってしまいかねない。 “アマゾン破壊と日本(その11)誰がアマゾンを燃やしているのか?” の続きを読む

アマゾン破壊と日本(その10)デマと情報操作

 日本ほど情報統制しやすい国は世界に他にないのではないか? アマゾン森林火災はデマであるとする情報が出されて、その問い合わせがいくつも来る。しかし、これはまったくありえない。正直、そのような馬鹿げた情報の対応にエネルギーを割きたくない。だけど、どうしてそうした情報が出てくるのかについてはもっと大きな問題が潜んでいると思うので、少し書きたい。 “アマゾン破壊と日本(その10)デマと情報操作” の続きを読む

アマゾン破壊と日本(その9)米国トランプ政権の関与

 米国トランプ政権がアマゾン破壊にどう関与しているか。
 G7でアマゾン森林破壊を止めるための緊急援助がフランス主導で決まったが、直後にトランプ大統領はボルソナロ大統領を擁護する発言。マクロン大統領の足を引っ張る。アマゾン破壊になぜ米国政府は動かないか? “アマゾン破壊と日本(その9)米国トランプ政権の関与” の続きを読む

アマゾン破壊と日本(その8)国会議員に向けて

アマゾン破壊に関し、日本政府の姿勢に大きな問題を感じます。国会議員に対策を求める文章を書いてみました。お知り合いの議員、特に末尾の外交委員会、農水委員会、予算委員会所属の議員に伝えていただければ幸いです(もちろん、文章は自由に変えていただいて結構です)。 “アマゾン破壊と日本(その8)国会議員に向けて” の続きを読む