人類の最大の脅威としての抗生物質耐性菌の原因は遺伝子組み換え?

 遺伝子組み換え食品を食べる時の最大のリスクの1つが抗生物質耐性菌の問題だと思う。現在、年間70万人、このまま増え続ければ2050年には年間1000万人が世界で抗生物質耐性菌で死ぬことになると日本政府を含むG7の各国政府は考えている。それではその原因は何か? G7の政府は語らないが、それは家畜を狭いところに押し込めて安い肉の大量生産を行うファクトリーファーミングであり、餌に使われる遺伝子組み換えと抗生物質が関係していることはほぼ間違いがないだろうと考える。 “人類の最大の脅威としての抗生物質耐性菌の原因は遺伝子組み換え?” の続きを読む

WHO、家畜への抗生物質投与中止を勧告

 WHOは家畜への抗生物質の投与を中止するように勧告した。抗生物質耐性菌は現在、世界中で年間70万人の命を奪っており、この傾向が続けば2050年には年間1000万人が耐性菌で命を落とし、人間の死因の第1位となる。耐性菌に効く薬は存在せず、人類にとっての大きな脅威である。それへの対処として、これは重要な動きだが、これだけに留まれば責任を農家に押しつけるだけで問題解決につながらない。 “WHO、家畜への抗生物質投与中止を勧告” の続きを読む