Rio+20/ピープルズ・サミット:注目すべき会議・イベント(7)

本日の注目すべき(と私が考える)会議、イベント。オリジナル(ポルトガル語)はCúpula dos Povos

言葉の関係でポルトガル語やスペイン語のわからない日本人には役立たないものが多くなるかもしれないけど、どんなことがやられているのかを理解する上では意味があると思うのであえて載せます。ご容赦。

追加
アマゾン北部の先住民族ヤノマミのシャーマニズムを描く映画Xapri(シャブリ)
場所:フラメンゴ公園現代美術館隣のフォード財団
本日19日、17時から。 詳細
Voices from the Local Community: Japan since 3.11
日時:19日14:00-16:00
場所:t1b
主催:UNDB市民ネット
Transgenic GMO Trees: The Ultimate Commodification of the Forests
日時:19日11:30-13:30
場所:Tent 8
主催:Global Justice Ecology Project and The STOP GE Trees Campaig
水力発電 – クリーンエネルギーの神話を脱構築する: アマゾンの将来と川とその人びとへの脅威
日時: 19日09:00- 13:30
場所: Tent 10
主催: アマゾンの川の同盟(Aliança dos Rios da Amazônia)
TOXIC TOURS: 有毒ツアー、リオデジャネイロの裏側の経験の交流と運動の構築
日時:19日09:00-11:00
場所:Tent 12
主催: Justiça Global(グローバル・ジャスティス)
持続可能な開発とわれわれの地域での連帯:もう一つの経済のための戦略
日時:19日11:30- 13:30
場所: Tent 14
主催:ブラジル連帯経済フォーラム
移民と新しい社会環境のバランス
日時:19日09:00-11:00
場所:Tent 15
主催:移民の世界憲章(Carta Mundial dos Migrantes)
Climate finance: ecological debt vs. corporate power
日時:19日11:30-13:30
場所:t2c
主催:Institute for Policy Studies
アフリカとブラジルー維持可能な開発に向けて
日時:19日12:00-13:00
場所:Tent B
主催:サンパウロ・フォーラム
グローバル先住民族会議
日時:19日10:00-18:00
場所: 現代美術館Auditório
主催:グローバル先住民族会議
Capitalism, Agriculture and Landgrabbing
日時:19日11:30-13:30
場所:Tent 29
主催:Federation of German Scientists (FGS), INES
ブラジル黒人運動の統一全体会議 – 黒人運動と社会環境の危機の時期における人種主義との闘い
日時:19日09:00-13:30
場所: Plenária 2
主催:Conen, Unegro,CNBB-Afro, APN’s, Circulo Palmarino, Fórum Nacional de Mulheres negras, Cenarab, Rede Amazônia negra、他
seminar : Fukushima nuclear power plant and radioactivity
日時:19日09:00-11:00
場所: Tent 30
主催:ジュビリー九州

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です