鳥インフルエンザの脅威

 鳥インフルエンザが北アイルランド、フランス、インドでも広がっているようで、とても心配です(1)。現在のところ、人にはめったにうつらない、というのだけど、うつった場合の致死率は新型コロナウイルスの20倍になるという話もある(2)。もっとも新型コロナウイルスが恐ろしいのは無症状で感染が広がるから止めることが難しいからであり、一方、エボラ出血熱は致死率が高すぎて、感染は大きくは広がらなかったということがあります。致死率が高いことと社会への危険度は必ずしも一致しないでしょう。しかし、鳥インフルエンザは野生の鳥で広がるとしたら、高い致死率と感染力で大きな惨事となりえる。ただし、今のところ、現在の鳥インフルエンザの人への感染は起きていない。だからこそ、早く抑え込み、発生を予防する必要があります。


 
 でもどうやって発生を予防できるか? その原因はやはり高過密飼育の畜産にあると僕は考えるけれども、今の食のシステムではこの飼育方法をやめたら生産継続できなくなる、価格が高くなって買ってもらえなくなると言われることでしょう。好き好んで詰め込んでいる畜産農家もいないと思います。そもそも安い価格で買い叩かれる中で、お金や手間をかけて生産のあり方を変えることは困難ですし、薄い儲けのために奮闘し、感染による大量処分という危険によるストレスに曝されている畜産農家を非難してもお門違いというか問題解決には至らないでしょう。このシステムを変えるためにはやはり政治が果たす役割が大きいと思うのですが、前農水相汚職事件でも明らかですが、政府もこうした生産のあり方を変えようという姿勢は感じられません。殺菌、自然からの隔離という、むしろ鶏の免疫を下げ、自然から遠ざける方向に見えます。
 個人的に安い卵や肉は食べない(あるいはベジタリアンになる)、という選択は可能です。でも個人で食べなくても、ウイルスは止めることができず、危険は避けられないでしょう。やはりシステムを変えなければならない。そのためには、まさに鶏か卵か、の議論になってしまうのだけど、どこから変えるかを真剣に考える必要があると思います。このままを続けていればより危険は高まるわけですから。

 システムを変えるためには個々の動きだけでは不可能で、さまざまなレベルの動きを組み合わせることが不可欠だと思います。たとえば

1. 消費者が選択を変える(不買あるいは自然な飼育をする畜産農家を支援(3))
2. 流通業者を変える
3. 地方自治体の公共調達を変える(学校給食などでの選択を変える。野菜中心に動物性のものは減らし、畜産は環境や動物福祉を重視したものに)
4. 政府の政策を変える
5. 貿易のルールなどを通じて国際的にファクトリー・ファーミング(超過密飼育)を規制していく

 将来の世代を守るためにもこの変化を起こしていかなければならないと思います。まずは今日の買い物から。でも買い物で終わったら変わらないので、他のステップを考えながら。

 肉食についてはさまざまな文化の多様性の寛容にも関わる話で、議論が難しいところがありますが、少なくともファクトリー・ファーミングの規制においては一致できると思います。食への思想信条の違いで叩き合いになるのが怖いですが、肉を一切食べないという選択もあり、より少なく大事に育てられたものだけ食べるという選択もありそれぞれのあり方を許容し、尊重していくことはできないものかと思います。

(1) BBC: 北アイルランド County Antrim poultry flock to be culled after bird flu detected
https://www.bbc.com/news/uk-northern-ireland-55517878
フランス: France to kill 600,000 poultry in effort to contain bird flu
https://nypost.com/2021/01/05/france-to-kill-600000-poultry-in-effort-to-contain-bird-flu/
インド: India bird flu outbreak: Thousands of poultry to be culled over avian influenza
https://www.livemint.com/news/india/india-bird-flu-outbreak-thousands-of-poultry-to-be-culled-over-avian-influenza-11609843583300.html

(2) DNA Special: How Avian Flu is 20 times more dangerous than COVID-19
https://www.dnaindia.com/india/report-avian-flu-bird-flu-more-dangerous-than-coronavirus-covid-19-2866218

(3) いくつかの取り組み紹介(他にもあると思いますが)
秋川牧園
https://www.akikawabokuen.com/
百鶏園
https://www.farm-h.com/
生活クラブ:国産鶏種「はりま」を育てる、挑戦の日々《食をつむぐ人たち・鶏肉篇》
https://seikatsuclub.coop/news/detail.html?NTC=1000001040

添付の画像は農水省の資料
https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です