モンサントの農薬ラウンドアップのもう1つの虚偽広告

 モンサント(現バイエル)の農薬ラウンドアップに対する訴訟の中で注目すべき動きが3月末に生まれていた。それはモンサントのラウンドアップに関する虚偽広告に対する集団訴訟で、モンサント(バイエル)は原告と3900万ドルの賠償金とラベルを変えることを条件に和解に応じるというものだ(1)。

 この訴訟は、モンサントがラウンドアップは植物だけを枯らすけれども、ヒトや動物には影響を与えない、とする広告やラベルが虚偽広告であると訴えたものだ。

 モンサントは日本でも実際にこのように説明していた。ラウンドアップ(その主成分グリホサート)は葉から植物に吸収され、植物がアミノ酸を作るシキミ酸経路を阻害する。その結果、植物は体の素となるアミノ酸が作れなくなるから枯れてしまう。だけど、ヒトや動物にはシキミ酸経路は存在しない。だから、ヒトや動物にはとても安全な農薬なんだ、と。

モンサントによるグリホサートの説明

 確かにヒトや動物には植物に存在するシキミ酸経路は存在しない。だけど、ヒトにも動物にもお腹の中には膨大な数の腸内細菌が存在している。腸内細菌はその多くが植物と同じ仕組みを持っている。だから植物を枯らせるラウンドアップ(主成分グリホサート)は腸内細菌をも損なってしまう。腸内細菌が損なわれればヒトや動物の免疫、消化、認知機能に影響が及ぶだけでなく、体の調整を司るドーパンミンやメラトニンなどの物質が作れなくなり、さまざまな疾患の原因となる可能性がある。実際、腸内細菌がグリホサートによって損なわれることはさまざまな実験によっても確認されている(2)。

 モンサントとしてはこの件を法定で争うことにより、モンサント(=バイエル)のドル箱であるラウンドアップにより致命的になると考え、和解に応じたのだろう。米国の裁判ではさまざまな情報を開示することが強制される。しかし、これは実にラウンドアップの命脈を奪う決定的な事件になるだろう。ヒトや動物にとっても健康被害を引き起こすものとして、ヒトや動物にやさしい農薬というウソはつけなくなった。

 ラウンドアップに関する虚偽広告の裁判はフランスでもニューヨーク市でも起こされていて、モンサントは負けている。
 以前はモンサントはラウンドアップは植物だけに作用し、地面に落ちると微生物に生分解されてしまうので、環境に優しい農薬であるというコマーシャルを流しており、ラベルにも生分解される(biodegradable)と表記していたが、それが虚偽広告と判決を受け、世界ではラベルからその表示は消えている。しかし、日本では生分解されるというコマーシャルや表示はいまだに見かけるようだが、これは犯罪行為のはず。

左がラウンドアップ(右はモンサントを買収したバイエルが開発した農薬バスタ)。ラウンドアップには自然物に分解と書かれているけど、これはどうみてもアウト(虚偽広告)なんでは?

 腸内細菌を損なうラウンドアップ/グリホサートは土壌細菌も損なう。モンサントはグリホサートを抗生物質として特許を取っている。抗生物質とは特定の細菌の繁殖を妨げる物質であり、流されることによって、土壌や腸内細菌の中で影響は必至となる。

 環境に優しい生分解される農薬 ×
 ヒトや動物には安全なやさしい農薬 ×

 どちらも今後は許されない表現となる。
 これに反する表示や広告がされていたら、それは犯罪行為なので、見かけたら写真を撮っておこう(販売店側がそういう売り文句を使っていたら、それは販売店側の違法行為になる)。

(1) Monsanto To Pay $39 M in Roundup False Ad Class Settlement
https://sustainablepulse.com/2020/03/30/monsanto-to-pay-39-m-in-roundup-false-ad-class-settlement/

(2) Glyphosate and Roundup proven to disrupt gut microbiome by inhibiting shikimate pathway
https://www.gmwatch.org/en/news/latest-news/19261-glyphosate-and-roundup-proven-to-disrupt-gut-microbiome-by-inhibiting-shikimate-pathway

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です