ブラジル・ボルソナロ大統領の訪日と日本政府・企業・報道の現実

 ブラジル大統領が天皇の「即位の礼」に参列するために来日していた(21日〜24日)。しかし、この来日を機にボルソナロ大統領と安倍政権、企業家たちとどんな話をしたのか、ブラジルからの報道で驚くべきことが明らかになった。残念ながら日本のメディアでは情報は見出せない。

 いったい何が話されたのか?

 現在、ブラジル政府は特にEU諸国からアマゾン破壊について強い批判を受け、EU諸国の中にはこれまで合意に達していたEUとブラジルを含む南米南部共同市場(メルコスル)との自由貿易協定に調印することを拒否するとする国が出て、またアマゾン基金への援助金支出も止めているのが現状である。それでは日本の安倍首相はどう対応したのか?

 このアマゾン破壊を公言するボルソナロ大統領を安倍首相は大手を振って歓迎した。EUは止めているメルコスルとの関係を日本政府は進め、11月にEPA経済連携協定締結に向けて動くという。EPAが締結されればさらにアマゾン経由の貿易は拡大し、アマゾンはさらなる破壊に曝される。それに加え、ブラジルのOECD加盟を安倍首相は強く支援するのだそうだ。先進国クラブへようこそ、ということか(1)。ボルソナロ大統領は安倍からの支持にご満悦のようだ(2)。

 それだけでも問題なのだがさらに大問題なことが話されていた。中南米最大のメディア O Globoは「東京でボルソナロは日本首相とアマゾン開拓を議論する」と報道した(3)。具体的にはアマゾンでの鉱山採掘を両国でやるというのだ。報道されているのはニオブとグラフェンという金属。このニオブは原子炉を作る時になくてはならないものだが、ブラジル産が占める割合は実質100%に近い。グラフェンは軽くて強靱な素材として注目されるが、原料となる黒鉛の埋蔵量もやはりブラジルが圧倒的なものとなっている。これらの鉱山は現在はアマゾンではなく、セラード地域に多いはずだが、ボルソナロ大統領は今後アマゾン地域の鉱山開発に乗り出す気かもしれない。それが実現すれば日本の税金がまたアマゾン破壊に使われてしまうことになる。またアマゾン破壊が加速してしまう。

 さらに、ボルソナロ大統領は「日本が市場を開かない限り、日本では肉を食べない」と記者に言い放った(4)。日本ではブラジル産鶏肉は多くみられるようになったが、ブラジル産牛肉や豚肉はない。日本に牛肉や豚肉の市場を開放せよ、ということだろうか。これはどこまで本気なのかわからない。すでに日本は米国などからの牛肉、豚肉で国内の畜産が大打撃を受けている中、ブラジル産牛肉を地球の裏から運ぶ余地はない。しかし、このような発言が日本でなされてしまうことにはやはり驚かざるをえない。同じ発言を彼はヨーロッパでできるだろうか?

 政府ばかりではない。三井などの経済界の代表もボルソナロ大統領と会談している(5)。となれば、上記を踏まえた投資話がされている可能性は高い。日本は官民揃ってさらにアマゾン破壊を拡大させるのだろうか?

 これらの記事はブラジル発の記事では山のように追うことができる。でも、残念ながら日本側のメディアでは見つからない(6)。ブラジルのニッケイ新聞(ブラジルでの日系社会のための日本語新聞)の記事のみ。

 今もアマゾン破壊を止めるための活動は世界各地で活発に行われている(7)。米国議会で動きがあり、EU諸国政府もそれに影響を受け、批判を強める。ボルソナロは孤立する。しかし、日本に来れば先進国の仲間入りの支援も受けられ、アマゾン破壊のための現ナマも調達できる。そして、そのことを批判する日本メディアも皆無。お金が流れ込み続ける限り、アマゾン破壊を止めることはできないが、お金の流入を止めることができればアマゾン破壊を止めることは可能になる。EUが止め、今、米国で止める活動が活発化している中、日本が止めればアマゾンの運命を大きく変えることができるはずだ!

 11月に進もうとされているメルコスルとのEPAには絶対に反対せざるをえないし、日本政府によってアマゾン鉱山開発に税金が使われることにも反対だ。どうか、国会で、アマゾン破壊に日本政府がこれ以上関わらないように、声を上げてほしい。

(1) ニッケイ新聞:日メルコスルEPA進展か=ボウソナロ大統領訪日で=安倍総理11月来伯で交渉開始?

日メルコスルEPA進展か=ボウソナロ大統領訪日で=安倍総理11月来伯で交渉開始?

(2) Bolsonaro diz que acordo Mercosul-Japão pode avançar em novembro

(3) Em Tóquio, Bolsonaro discute exploração da Amazônia com primeiro-ministro do Japão

(4) Bolsonaro diz que não comerá carne no Japão até que mercado seja aberto a produtos brasileiros

(5) No Japão, Bolsonaro se encontra com empresários locais e comunidade brasileira (日本の経済界との会合のビデオあり。日本のWise-men groupとの字幕あり、経団連賢人会議?)

(6) 産経新聞:安倍日誌「42分から57分、ブラジルのボルソナロ大統領と会談」←これだけ?

(7) 米国サンフランシスコではブラジル領事館前での抗議行動

米国下院ではアマゾン破壊にお金を投入しつづける投資企業に対して、2人の議員がそれを止めようと動いていて、他の議員もその動きに加わるように市民団体が支援を行っている。
https://amazonwatch.org/take-action/ask-your-member-of-congress-to-help-end-corporate-complicity-in-amazon-destruction

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です