9月5日はアマゾンのためのグローバル・アクションデー

 世界各地で行動が取り組まれる。

The Amazon Is on Fire. Here’s What You Can Do

 先住民族カヤポのリーダーでスティングと共に1989年に国際ツアーを行って、ベロモンチダム建設の反対などのアマゾンを守る活動を率いてきているハオニ(Raoni)は「アマゾンの人びとは恐怖に包まれている。あなたたちもすぐにそうなるでしょう」と警告する(2)。

 「あなたたちがやっていることを止めることを呼びかけます。つまり、破壊、地球のスピリットへの攻撃をやめることです。木を切り倒す時、あなたは先祖のスピリットを攻撃しています。鉱山物質を掘る時、あなたは地球の心臓を突き刺しています。土に、そして川に毒を注ぐ時、農薬や金採掘のための水銀を注ぎ込むとき、あなたはスピリット、植物、動物、そして土自身を弱めてしまいます。土を弱くすれば土は死に始めます。土が死ねば、地球が死に、私たちはすべて生きられなくなります。私たちはすべて死んでしまいます」

 まさに日本政府は私たちの税金でこの破壊につながる開発を進める会議を世界中の抗議の最中にブラジル政府と行っている。世界がアマゾン破壊を止めるために懸命になっているときに(3)。

 すぐに明日、日本でできることは何だろうか?

  • 日本政府にブラジルでの開発事業をいったん停止することを求める。
  • ブラジルの先住民族や市民組織を招いて、これまでのODAが与えた影響を評価し直すことを求める。
  • 各政党に上記事項の政府への働きかけを求める。
  • 丸紅や三井などブラジルに投資している企業に事業の見直しを求める。
  • マスメディアに日本がアマゾンにやっていることを報道するように求める。
  • ブラジル産鶏肉の不買

 まずはできることを。

 送るメッセージの例

政府・政党向け
 日本政府が私たちの税金を使って行ってきたアマゾン地域での鉱山・ダム開発、アマゾン地域と隣接しているセラード地域での農業開発は現在アマゾンで起きている森林火災と大きく関わっている可能性があります。
 アマゾンの破壊が進むことを傍観することはできません。
 現在、進んでいる開発事業をすべて一旦停止し、先住民族や環境や人権問題で活動する市民組織の代表とこれまでの開発事業が与えた影響について、評価し直すことを日本政府に求めます。

企業向け:
 アマゾン地域での鉱山開発、そしてアマゾン地域と隣接しているセラード地域での農業開発は現在アマゾンで起きている森林火災と大きく関わっている可能性があります。
 アマゾンの破壊が進むことを傍観することはできません。
 こうした環境に影響を与える事業の見直しを要望します。

送り先
JICA https://www2.jica.go.jp/ja/opinion/index.php
外務省 https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
農水省 https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
自民党 https://www.jimin.jp/voice/
公明党 https://www.komei.or.jp/etc/contact/
立憲民主党 https://cdp-japan.jp/form/contact
日本共産党 https://www.jcp.or.jp/web_info/mail.html
国民民主党 https://www.dpfp.or.jp/form/contact/request
社民党 http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm
れいわ新選組 https://www.reiwa-shinsengumi.com/inquiry/
日本維新の会 https://o-ishin.jp/contact/
丸紅 https://www.marubeni.com/jp/contact_form/form.php?category=other
三菱商事 https://krs.bz/mitsubishi/m/j_inquiry
三井物産 https://form.mitsui.com/webapp/form/16694_csy_8/index.do
伊藤忠 https://www.itochu.co.jp/ja/inquiry/csr/input
豊田通商 https://www.toyota-tsusho.com/inquiry/input/
9月19日追記: 豊田通商から返信あり。「弊社内にて確認しましたが、現在、豊田通商グループでは、アマゾン地域での鉱山開発ならびに農業開発に該当する事業を展開しておりません。
 豊田通商グループは環境方針に基づき、今後も地球環境に配慮した事業活動を推進して参る所存です。」とのこと。
 対応に感謝します。

双日 https://www.sojitz.com/jp/contact/business/
王子製紙(王子ホールディングス) https://www.ojiholdings.co.jp/contact/about.html?frmid=7
住友林業 https://sfc.jp/php/contact/otoiawase/form.php
住友ゴム https://www.dunlop.co.jp/contact/csr.html
日本製鉄 https://www.nipponsteel.com/ssl/customer/inquiryParameterCheck.jsp?inquiryLanguage=jp&inquiryMailId=1
など

(1) AMAZON WATCH: あなたにできること
The Amazon Is on Fire. Here’s What You Can Do.

(2) 先住民族のリーダー、ハオニRaoniの言葉
We, the peoples of the Amazon, are full of fear. Soon you will be too

(3) 吉川農相、ブラジル農務相と8月25日、26日とさらなる開発のために会合

アマゾン破壊と日本との関係を何度にもわたり書いてきた。志葉…

印鑰 智哉さんの投稿 2019年8月28日水曜日

“9月5日はアマゾンのためのグローバル・アクションデー” への1件の返信

  1. 9月19日に本文に下記を追記しました。

    豊田通商から返信あり。「弊社内にて確認しましたが、現在、豊田通商グループでは、アマゾン地域での鉱山開発ならびに農業開発に該当する事業を展開しておりません。
     豊田通商グループは環境方針に基づき、今後も地球環境に配慮した事業活動を推進して参る所存です。」とのこと。
     豊田通商の対応に感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です