Galaxy Sがドコモから、しかしなぜテザリング抜き?

Galaxy Sがドコモから出るというのはいいとして、国際版Galaxy SのAndroid2.1で実現できているテザリングがドコモ版Galaxy Sでは新しいAndroid2.2上でテザリング不可とは…。

だったら、その機能がほしい人は国際版SIMフリー+b-mobile TalkingSIMに行ってしまうんじゃないのか? 僕みたいに。ちなみにこのテザリング、便利に使えている。電源の消耗が早くなるので、頻繁にオンオフしなければならず、しかもオンオフに時間がかかるので、そうそう使いやすいわけではないが、これまでWifiのないところでは何もできなかったことを考えると格段の向上。

b-mobileのTalkingSIMはインターネットの接続スピード、遅すぎるかと思ったが、それほど気にならず(気になる使い方をしていないだけなのだが)。

で、SkypeのAndroid版が出たそうだけど、なんと日本と中国ではダメ、Galaxy S版も現在準備できていないと。AndroidでSkypeのチャットなんてやる気しない(これは現在でも可能だが)。VoIPはダメとDoCoMoのページにある(ご利用いただけない通信について)。ポートが閉じられているので、b-mobileも同じか。

全体の評価としてGalaxy SはCPU早いはずなのに、動作は逆にもたつく感じがあるし、安定度ではいまひとつ。完成度はiPhoneに比べ低い(OSのアップデートで解決できる部分もありそうだが)。即戦力のスマートフォンが必要であればiPhoneの方がいいのだろうけれども、iPod touchがあればiPhoneの機能のかなりは試せるし、将来的な可能性ということで選ぶのであれば実験としてAndroidを買うというのは十分ありだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です